読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moved So Move

曲や歌詞について考えます。アメブロから引越し中です。

ゲスの極み乙女。「セルマ」 歌詞の意味

今回は、ゲスの極み乙女。が去年発売した

アルバム「両成敗」の中から『セルマ』の歌詞について自己解釈しました。

 

 

切ない曲と言えばindigo la End(川谷さんのもう1つのバンド)の印象が強いのですが、

この曲もかなりの切なさです。

 

 

なぜ切ないのか。

その理由のひとつは、まだ未練が残っている感じがするからです。

 

歌詞の語尾が

「~けど」、「~のに」

という逆接の表現が多いのです。

 

 

実際の会話で逆接ばかり使われたら面倒ですが

歌詞だと名残惜しさや後悔などの

何かしら言い表していない感情があるのか、と思い起こさせます。

 

 

 

さらに、この曲はかなり細かいことが書かれているわりに

なぜ彼女はいなくなったのか、2人の間に何があったのか、

などわからないことだらけで全体像が掴めません。

 

この、木を見て森を見ずな感じが

2人の別れに何か影響しているのか?と考えると

より一層曲が切なく聴こえます。

 

 

 

 

歌詞を見ていきます。

 

 

『セルマ』/ ゲスの極み乙女。

作詞・作曲:川谷絵音

歌詞:http://j-lyric.net/artist/a05866a/l038fff.html

 

 

 

 

 

1番Aメロでは、君がいなくなってから

「変わらないこと」と「変わったこと」があげられています。

 

【変わらないこと】

・食卓にスプーンを2本並べること

・使い込んだテーブルの傾き

 

【変わったこと】

・紅茶を買う頻度(2週間に1回に減った)

・やけに静か

 

 

どちらもかなり日常的な場面が想像されます。

2人は一緒に暮らしていたか、もしくはよく主人公の家に行っていたのでしょう。

 

 

 

やけに静かになったくらいさ

それ以外は変わらないはずだけど

 

 

たった一つ変わっただけなのに、といった表現ですが、

「やけに静かになった」というのは、生活の中の様々な場面に関わっているので、

大きな変化だといえます。

 

 

 

 

サビで主人公は

一緒に飲んだ缶ビールの味が思い出せなくなっています。

 

1人で飲んでも2人で飲んでも、缶ビール自体の味は変わらないはず。

君と一緒に飲むビールの味は格別だったのでしょう。

 

 

 

また、ここで言っているのは缶ビールのことですが、

これは一部の例にすぎず、実際は君といるときの記憶や感じたいろんなことを

時間が経つにつれて思い出せなくなっているのではないか、と考えられます。

 

 

 

 

「酔わない方だったのにな」は、アルコールはもちろん

恋に酔う(夢中になる)なんてタイプじゃなかったのにな、

という意味にも捉えました。

 

自分でもこんなに好きになるとは思ってなかった。

こんなに失ったことに対して悲しむとは思わなかった。

「おかしいな おかしいよな」と自分で自分のことが変だと思う。

 

 

 

 

2番でははっきりと

君はいなくなった

という表記があります。

 

ただ、なぜいなくなったのかはわからないままです。

 

 

2番のAメロのところのドラムのリズムは、電車の走る音を表しているように思います。

そして、ここの歌詞の

一つ飛ばして 

二つ飛ばして 

三つ飛ばして

君はいなくなった

という歌詞の通り、

2番のAメロが1拍分早く歌い出されています。

 

ほんとは2人で一緒に歩んでいくステップを飛ばして、

いつのまにか君と僕との間には距離ができていた。

そして君はいなくなってしまった 。

 

 

 

駅のホームの端が好きで それ以外の場所は普通で

僕はそんな君が好きで それ以外も好きだったけど

 

一部が好きであとは普通な彼女と、

一部とその他(全部)が好きだった僕。

 

 

描かれている好きの対象は、「場所」と「人」で違いますが、

これも

 

僕に対する彼女の想いと、

彼女に対する僕の想いの重さ

 

の違いを表しているように思います。

 

 

 

 駅のホームの端が好き、

なんてかなり細かい描写ですよね。

駅が好き、電車が好き、という好みより詳細で

あまり一緒にいても気づかなかったり意識しなかったりするような内容。

 

このように、一見他人から見れば「そんな細かいところ知ってるの?」

ってくらい細かい部分は見られていたのに、

大きな部分の変化には気づけなかったのでしょうか。

 

そう考えると、彼女が故意ではなく突然の事故などで

いなくなってしまったのではないか、とも予測できます。

 

 

 

 

 

 

そしてサビ。

 

一緒に歌った歌は全部口ずさめるのに、

一緒に飲んだ缶ビールの味は思い出せない。

 

 

この2つの違いは、記録に残せるかどうかだと思います。

 

歌は音源や歌詞として形に残る。

けれど、味や感じたものは形として残すことができない。

 

だから時が経つとだんだん忘れてしまう。

 

 

 

 

その、

これだけまだ想いがあるのに

どんどん君のことを忘れていってしまうことが悲しい。

スプーンを2本用意したり、使い込んだテーブルを傾いたままにしたりと、

変わらないままにしているのに、日々変わっていくことがある。思い出せなくなっていくことがある。

 

 

そんな儚さが曲全体に表れていると思います。

 

 

 

最後のドラムのシンバルを連打する音は、

ビールの泡がシュワシュワ〜っと消えていく様子を表しているように感じました。

 

そうやって、彼女と過ごしてきた思い出が消えていってしまうのかなあ・・・

 

 

 

切ないのにずっとリピートしてしまう曲です!

 

 

長文を読んでいただき、ありがとうございました!!! 

 

 

 

 

The Chainsmokers & Coldplay「Something Just Like This」 歌詞の意味

書き途中の記事2つが進まないので、今回は洋楽の歌詞を解釈をします。

(和訳記事ではないです!ご了承くださいm(_ _)m  )

 

 

The Chainsmokers & Coldplay の『Something Just Like This』について

自己解釈したいと思います。

 

まずMVからして素敵です!!

 

www.youtube.com

 

 そして歌詞に注目すると、さらに素晴らしい!!!

 

歌詞はこちら。

The Chainsmokers - Something Just Like This Lyrics | MetroLyrics

 

 

ただ、洋楽の歌詞の意味を考える上で1番懸念するのは

歌詞を和訳しなければならない点です、、、

 

 

そこで、いくつか和訳をしているブログを見てみたのですが、

結構解釈に個人差がありました。

 

 

というのも

この歌には主人公と女性が出てくるのですが、

どこまでが彼女の台詞で、どこからを主人公の台詞と考えるかによって

意味が変わってからです(*_*)

 

 

この「どっちの台詞?」という問題で、

自分の解釈も最初に考えたものからかなり変化しました。

 

 

ちなみに最初に考えた解釈は、

 

彼女はいつまでも小さいころの夢なんか追ってないで、

頼りがいがあって側にいてくれる普通の男性を求めている。

けど、主人公は小さい頃に描いたヒーローになりたいという夢を

どこか諦めきれずにいる。

 

そんな2人の、「理想」のすれ違いを歌っていると思っていました。

 

なんでも切ないフィルターを通して見てしまう癖があって、、、笑

 

 

 

 

ですが何回も聴いて考えていくと、

この歌は希望に満ち溢れた曲だという解釈に変わりました!

 

 

 

スムーズな和訳に自信がないので、

意訳し、砕いて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

Aメロには神話やスーパーマンが出て来ます。

幼い頃に憧れたヒーロー像のようなものでしょう。

 

ですが大人になるにつれ、自分はそんな特別な人間じゃないとわかります。

 

 

 

Bメロでは女性(おそらくは彼女)が、

「どこに向かってるの?どれだけリスクを背負いたいの?」と聞いてきます。

「私が求めているのは、特別な力を持った人間でも、スーパーヒーローでも、おとぎ話のような幸せでもない。

頼りがいがあって、キスができるようなそんな人(そんなこと)を求めている」

 

 

彼女が望むのは、特別な人や特別な何かではなく、

側にいてくれる普通の人。

 

神話に出てくる伝説の人に関しては分かりませんが、

確かにスーパーヒーローって

街や大勢を助けるために危険な時危険なところに行くので、

大切な人の側からは離れているようなイメージがあります。

 

だから、そんな大勢を助ける人ではなく、

自分が頼りたいときに頼れる人がいい、という意味もあるかもしれません。

 

 

ここで、

"I want something just like this" という歌詞は

誰の台詞か、という問題に対してですが、

私は、両方の台詞だと考えました。

 

このフレーズはサビで4回繰り返されます。

1回目、2回目は低いトーンで、

3回目と4回目は1オクターブ上で強く歌われています。

 

1回目と2回目が、彼女の気持ち。

「私はただ大好きな人といる、そんなことが幸せ」

 

そして3回目と4回目は主人公の気持ち。

「小さいころに憧れていたスーパーヒーローにはなれなかったけど、

彼女が求めるような、いわゆる普通の幸せを与えられる人になりたい。」

 

 

 

つまり、

彼女にとっての、ただ一人のヒーローになりたい

 

 

 

という意味だと捉えました。

 

ミスチルの「HERO」のような)

 

 

 

 

小さいころに描いていた大人数を救うヒーロー像とは違うけれど、

大人になって目指す、誰かにとってのヒーロー。

とてもかっこいいです。

 

 

だから、この歌は諦めの歌でも切ない歌でもなく、

ヒーローを目指す夢と希望に満ち溢れた曲なんだなあ

というのが私の解釈です!

 

 

 

 

 

 

"want"を「なりたい」まで訳してしまったのは

自己都合に合わせすぎたかもしれません。。。

 

今後も引き続き曲について考えていこうと思います^^!

 

 

 

 

それにしても、日本語は「私」「僕」「俺」だったり、

話し口調である程度誰が発した台詞か予想がつくので便利ですね。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

2017.1.24 星野源 『YELLOW PACIFIC』新春ライブ レポ

前回に引き継ぎ、今回も感想シリーズです。

少し今更な感じですが、、、

 

1月24日、横浜パシフィコで行われた

星野源さんの新春ライブ『YELLOW PACIFIC』

2日目に行って参りました!

 

 

源さんのライブは去年の『YELLOW VOYAGE』以来だったので、

約1年振り!

 

 

また長ーく感想を述べてしまいそうなので、

先に結論を言うと、、、

 

 

 

とにかく、楽しかったです!!!

星野源さんは日本一踊らせ上手な歌い手です!

YELLOWどころか、レインボーでした!!笑

 

 

 

 

ではここから、タラタラと感想を書かせていただきます。

 

 

 

 

 

今回のライブは

昨年のツアー『YELLOW VOYAGE』の番外編のようなもの

とおっしゃっていた通りで、

 『YELLOW DANCER』の楽曲が多めでした。

 

◉セトリ 

1. ワークソング

2. 化物

3. 桜の森

4. Night Troop

5. Snow Men

6. くだらないの中に

7. 雨音

8. 地獄でなぜ悪い

9. くせのうた

10. 口づけ

11. フィルム

12. Continues

13. SUN

14. Crazy Crazy

15. 恋

16. Week End

 

アンコール

1. 君は薔薇より美しい

2. 時よ

3. Friend Ship

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年始のお休みは体調を崩していたというアナウンスから始まった

『ワークソング』。

 

「働け〜」という歌詞がありますが、

また過労で体を壊さないかと、心配で笑えなかったです、、、

 

 

3曲目の『桜の森』ではピンク、5曲目の『Snow Men』では紫と白。

照明が綺麗でした。

 

ライブのタイトルにはイエローとありますが、

蓋を開ければ色とりどりのライブだった、という印象です。

 

 

 

6曲目の『くだらないの中に』は

前回のツアーでは源さんの弾き語りだったのですが、

今回はバンドでのアレンジでした!

 

 

音数が増えても、あの優しくて温かい声の力強さは劣ることなく、

心に染みわたります。

 

 

 

水谷千重子さんからのVTRコメントの後、

弾き語りが3曲。

 

その前に披露された『地獄でなぜ悪い』では

手拍子と共に各々が体を揺らしながらノッていたのに、

弾き語りでは皆さんじっと、ギターと源さんの声に聴き入っていました。

 

こんな風に曲によって会場の雰囲気をガラッと変えることのできる

源さん、、、すごすぎます。

 

 

そして再びバンド演奏へ。

 

『恋』のカップリング曲で、パラリンピックの放送テーマソングにもなっていた『Continues』。

 

最後のサビで「ラララ〜ララララ〜」とコーラスがあるのですが、

これを会場みんなで歌ったことが忘れられません!

 

私の席があった3階は客席が段になっており、

それがまるでゴスペルのように思えたからです。

 

 

どんだけ観客を巻き込むのが上手いんだ、星野源さん!

 

「みんなで踊ろう!」だとか「一緒に歌おう!」と

ライブ中なんどもおっしゃってましたが、

本当に観客の皆さん楽しそうに、それぞれ歌ったり踊ったりしていました。

 

 

 

 

そしてここからは、

これでもか!と畳み掛けてくる大人気曲たち。

 

ELEVENPLAY(ダンサーの方々)も登場して披露されたのは『SUN』。

去年の夏までは、

この曲が一生星野源さんの代表曲になると思ってました。

まさかこれを超える大ヒット曲が生まれるとは!

 

『Crazy Crazy』でかなり盛り上がった後、

ついにお待ちかねの『恋』!!!!

 

 

今まで各々のノリで、手拍子で、ダンスで楽しんでいた風景が一転、

みんな揃って恋ダンス!

 

そりゃわざわざライブに来るほど源さんの楽曲が好きな人たちだから、

踊れるくらいに曲を聴いてきたことは予測できますが、

それでもあんなに複雑なダンスを揃って踊るなんて、

こんなこと他にありえますか!?!?笑

 

 

AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』のように、

みんなで踊る前提で振り付けられた曲ではないのに!

 

 

会場全体が踊る光景に感激し、

改めて星野源さんの素晴らしさを実感しました。

 

 

 

その素晴らしさだけではないところが、

星野源さんのさらに良いところ!

MCであらかじめ、アンコールがあることを教えてくれます笑

そして、盛大な拍手で呼び戻すよう観客に呼びかけます笑

 

 

 

アンコールでおなじみのニセ明さんによる、

君は薔薇より美しい』と『時よ』。

おふざけ大好き感満載です。

まさか源さんのカバーをするとは!笑

 

 

 

そして「YELLOW PACIFIC」最後の曲は、

『Friend Ship』。

 

この曲を聴いた時、だからこのライブタイトルなのかと納得しました。

(もちろん横浜パシフィコで行われたこと、

横浜という海に面した街であることも関係あると思いますが)

 

 

締めくくりに相応しい、航海の曲です。

 

 

あの会場に集まった一人一人は、

ライブが終わった後それぞれ別の海を渡る。

いつかまた会えるかな、と期待しながら

それぞれ進んでゆく。

 

 

星野源さんはこの素敵なライブで

私たち一人一人に、自分の人生を進んで行く力をくれたんだなあ、と

解釈しました。

 

 

その、再会の「いつか」は近そうです!

5月からの全国アリーナツアーがこのライブで発表されました!!

 

ぜひこちらも参加したいとおもっています。

 

 

 

 

以上でライブ感想終了です!

今回はいつも以上に長い記事でしたが、

ここまでおつきあい頂き、ありがとうございました!!!