読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moved So Move

曲や歌詞について考えます。

BUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」について思ったこと

 

今回は、先月1月28日〜30日の期間限定でデモ音源が公開されていた、

BUMP OF CHICKENの『流れ星の正体』について思うことを

つらつらと書いていきます。

かなり個人的なBUMP愛による文章になってしまいました^^;

 

 

 

まだ完成形が発表されていないため、

今回は歌詞解釈ではなく、

デモ音源とFujiki最終回を読んでの感想ブログです。

 

 

デモ音源自体の公開期間は終わってしまいましたが、

歌詞は現在発売中のB-PASSに載っています。

 

この曲は、藤原さんがB-PASSでの連載「Fujiki」の最終回に

何を書こうかと考えているとき、

伝えたいことを書きだしたら歌詞になり、曲ができたそうです。

 

 

詳しくは実際にその記事を見ていただきたいのですが、

読みながらボロボロ泣きました。

そして曲を聴いてさらに涙が(;;)

 

 

タイトルにも歌詞にもある、「流れ星の正体」。

流れ星とは本当の星ではなく、宇宙の小さな塵だそうです。

 

また、流れ星が非常に速いスピードで地球の大気とぶつかるため、発光現象が起こるそうです。

 

 

www.amro-net.jp

weathernews.jp

 

 

 

 

 

この、

・本当の星ではない

・非常に速いスピード

 

というところが、このタイトルの重要なポイントだと思っています。

 

 

流れ星が本当の星ではなく宇宙の小さな塵であるのと同じように、

誰かが誰かに伝えたい想い自体は、

ちっぽけなものかもしれない。

 

輝くような明るいものだけじゃなくて良い、という風にも捉えられます。

悲しいことや暗いこと、どうでもよいようなこと。

 

けれど伝えたい内容ではなく、

誰かに伝えたい、と思ったこと自体が輝く要因になる。

 

そして誰かから誰かへと届くまでの軌跡と時間が、

その想いを輝かせる。

 

 

 

手紙は届くまでにタイムラグが生じる伝達方法です。

その手紙を書いているときから届くまでの過程を流れ星に例えるなんて、

素晴らしすぎます・・・!

 

 

 

そして、この歌詞!

BUMPとリスナーの関係が、一方的な発信者・受信者の関係ではなく、

互いに発信し、受信している関係であることがわかります。

 

 

 

 

また、流れ星のスピードは非常に速い、というのも

今回デモ音源が公開されたこととかなりリンクします。

 

藤原さんは最終回の記事で、

1番最初に私たちリスナーに届けたい、と書いてくださっていました。

 

今までも早く届けたいから、という理由で

CDではなく配信のみの音源はありましたが、

このように曲が完成する前のデモを聴かせてもらうことはありませんでした。

 

 

それを今回はデモ音源の状態で公開してくれました。

 

 

このことに対して、

どれだけ私たちリスナーは大切に思われているのだろう、と感激し

胸がいっぱいになりました。

 

 

 

 

「Fujiki」が終わる寂しさはやっぱりありますが、

それ以上に、こんなにもバンドから愛され大切に思ってもらえていることに、幸せな気持ちで満たされています。

 

 

 

本当にBUMPの皆さん、スタッフの皆さんには

感謝してもしても、足りません。

 

まさに『supernova』の、

「本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ」

状態です!

 

supernova / BUMP OF CHICKEN

作詞・作曲 藤原基央

http://j-lyric.net/artist/a000673/l008cf9.html

 

 

『流れ星の正体』がバンドでどうアレンジされるのか、も

非常に楽しみです。

 

 

本当にありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

未だ興奮状態で、とにかく私も早く発信したいと思い

文章を書きました。

そのため、非常に読みにくい部分もあったとは思いますが、

ここまで読んでくださってありがとうございました!!