読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moved So Move

曲や歌詞について考えます。

The Chainsmokers & Coldplay「Something Just Like This」 歌詞の意味

書き途中の記事2つが進まないので、今回は洋楽の歌詞を解釈をします。

(和訳記事ではないです!ご了承くださいm(_ _)m  )

 

 

The Chainsmokers & Coldplay の『Something Just Like This』について

自己解釈したいと思います。

 

まずMVからして素敵です!!

 

www.youtube.com

 

 そして歌詞に注目すると、さらに素晴らしい!!!

 

歌詞はこちら。

The Chainsmokers - Something Just Like This Lyrics | MetroLyrics

 

 

ただ、洋楽の歌詞の意味を考える上で1番懸念するのは

歌詞を和訳しなければならない点です、、、

 

 

そこで、いくつか和訳をしているブログを見てみたのですが、

結構解釈に個人差がありました。

 

 

というのも

この歌には主人公と女性が出てくるのですが、

どこまでが彼女の台詞で、どこからを主人公の台詞と考えるかによって

意味が変わってからです(*_*)

 

 

この「どっちの台詞?」という問題で、

自分の解釈も最初に考えたものからかなり変化しました。

 

 

ちなみに最初に考えた解釈は、

 

彼女はいつまでも小さいころの夢なんか追ってないで、

頼りがいがあって側にいてくれる普通の男性を求めている。

けど、主人公は小さい頃に描いたヒーローになりたいという夢を

どこか諦めきれずにいる。

 

そんな2人の、「理想」のすれ違いを歌っていると思っていました。

 

なんでも切ないフィルターを通して見てしまう癖があって、、、笑

 

 

 

 

ですが何回も聴いて考えていくと、

この歌は希望に満ち溢れた曲だという解釈に変わりました!

 

 

 

スムーズな和訳に自信がないので、

意訳し、砕いて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

Aメロには神話やスーパーマンが出て来ます。

幼い頃に憧れたヒーロー像のようなものでしょう。

 

ですが大人になるにつれ、自分はそんな特別な人間じゃないとわかります。

 

 

 

Bメロでは女性(おそらくは彼女)が、

「どこに向かってるの?どれだけリスクを背負いたいの?」と聞いてきます。

「私が求めているのは、特別な力を持った人間でも、スーパーヒーローでも、おとぎ話のような幸せでもない。

頼りがいがあって、キスができるようなそんな人(そんなこと)を求めている」

 

 

彼女が望むのは、特別な人や特別な何かではなく、

側にいてくれる普通の人。

 

神話に出てくる伝説の人に関しては分かりませんが、

確かにスーパーヒーローって

街や大勢を助けるために危険な時危険なところに行くので、

大切な人の側からは離れているようなイメージがあります。

 

だから、そんな大勢を助ける人ではなく、

自分が頼りたいときに頼れる人がいい、という意味もあるかもしれません。

 

 

ここで、

"I want something just like this" という歌詞は

誰の台詞か、という問題に対してですが、

私は、両方の台詞だと考えました。

 

このフレーズはサビで4回繰り返されます。

1回目、2回目は低いトーンで、

3回目と4回目は1オクターブ上で強く歌われています。

 

1回目と2回目が、彼女の気持ち。

「私はただ大好きな人といる、そんなことが幸せ」

 

そして3回目と4回目は主人公の気持ち。

「小さいころに憧れていたスーパーヒーローにはなれなかったけど、

彼女が求めるような、いわゆる普通の幸せを与えられる人になりたい。」

 

 

 

つまり、

彼女にとっての、ただ一人のヒーローになりたい

 

 

 

という意味だと捉えました。

 

ミスチルの「HERO」のような)

 

 

 

 

小さいころに描いていた大人数を救うヒーロー像とは違うけれど、

大人になって目指す、誰かにとってのヒーロー。

とてもかっこいいです。

 

 

だから、この歌は諦めの歌でも切ない歌でもなく、

ヒーローを目指す夢と希望に満ち溢れた曲なんだなあ

というのが私の解釈です!

 

 

 

 

 

 

"want"を「なりたい」まで訳してしまったのは

自己都合に合わせすぎたかもしれません。。。

 

今後も引き続き曲について考えていこうと思います^^!

 

 

 

 

それにしても、日本語は「私」「僕」「俺」だったり、

話し口調である程度誰が発した台詞か予想がつくので便利ですね。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!